<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="65001"%> おもちゃ病院とは
 
平成19年7月22日に中央児童館に隣接する「交通児童遊園」の管理棟2階に「刈谷おもちゃ病院」を開設しました。

★おもちゃ病院開設の趣旨
壊れたら捨てるという「使い捨て文化」を見直すとともに、おもちゃ修理を通して子供達に「ものづくりの楽しみ」「科学に対する興味」「ものを大切にする心」「思いやりの心」を醸成し、併せてシニアと子供の交流やシニアの「生きがい」「ボランティア意識」を啓発することを目的とします。

★おもちゃ病院の運営原則
おもちゃ病院をシニア世代の体験や技能・技術を生かすボランティアを中心に運営します。刈谷市よりの委託事業として「デンソーハートフルクラブ弥栄寿会」が事業運営に当たるものとします。また趣旨に賛同し意欲のあるボランティアを広く募り、ボランティアグループによる運営とします。
目標として設立時に20名程度のボランティアで開院します。
1年後をめどにこの組織をNPO法人化します。
2008年4月14日に愛知県からNPO法人として認証され、登記しました。

★おもちゃ病院の診療日・診療時間
毎月第2、第4の土曜日と日曜日 AM10時からPM3時まで受付と診療をします。
夏休み期間は、毎週土曜日と日曜日 AM10時からPM3時まで受付と診療をします。
尚、受付時に修理できないおもちゃは、お預かり(入院)し、後日修理します。(原則とし平日の修理受付けはありません)
診察と治療(修理)は無料ですが、部品代や材料費などは実費をいただきます。
(100円~300円程度、それ以上の場合は事前に相談します。)

刈谷おもちゃ病院の概略
★事 業
1. 刈谷おもちゃ病院の運営
2. おもちゃ病院のボランティア・ドクター養成講座の開催
3. ボランティア・ドクター相互の技術向上のための技術研修会
4. ものづくりの楽しみを伝える「親子おもちゃ工作教室」の開催
5.  保育園・幼稚園等公共施設のおもちゃ修理
★名 称   刈谷おもちゃ病院
★目 的   上記に記述のとおり
★発足年月  2007年7月22日
★役 員 (平成28年3月現在)
理事長   石川 良雄

理事   清水 敏和
理事   牧野 清光
理事     尾島 多恵子
理事   松岡 正夫
理事   服部 孚
理事   三輪 恒雄
理事   和田 紀夫
理事   田中 清博 
監事    大須賀 恵子